Home > スポンサー広告 > 物理退魔考察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://taimabiyori.blog75.fc2.com/tb.php/332-5fe41c3d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 退魔日和

Home > スポンサー広告 > 物理退魔考察

Home > 退魔士・検証 > 物理退魔考察

物理退魔考察

物理退魔の考察です。

●物理退魔とは
退魔の物理スキルで戦う退魔士(Exorcist)を物理退魔(※)と呼びます。
攻撃範囲の広いスキルが多く、広範囲にわたってパワフルな攻撃を叩き込む事ができる職です。
※現在は農夫さんという愛称が一般的です。

戦い方
序盤は通常攻撃が優秀なため、それのみでもサクサク戦うことができるでしょう。
ただ中盤以降はスキルが増え、さらに通常攻撃のみでは火力不足になるためスキル中心の戦闘スタイルへとシフトしていきます。
全体的にクールの長いスキルが多いため、通常攻撃はクールの合間や攻撃範囲を生かした敵の拘束などに使います。

長所
●対集団
物理スキルはすべて攻撃範囲が広く、対集団に非常に強い職業です。
転職と同時に通常攻撃も優秀な範囲攻撃へと変貌します。
●的中率
的中率を増加させるスキルを覚えられるため、レベルが上がればスタックに悩まされることはありません。
バトルアックス装備時の場合は熱情のチャクラも含め+10.5%、ストライキングがLv10ならさらに+5%です。
●防御力
防具が板金のため非常に硬い。さらにマスタリーでHPも上昇するため、耐久力は高めです。
●塔の安定性
ハイパーアーマー付きのスキルばかりの上、防具が板金のため塔では非常に安定した強さを発揮します。
現在はQスキルの開始クールが削除されているため、開始直後にQスキルを使っただけでその階を終了させることも可能です。
●ストレス解消
対集団に特化した職であり、かつ豪快なスキルが多くストレス解消にはうってつけです。
力強いスイングで敵を吹き飛ばす大空の遠い星や、敵を纏めて一気に叩き潰す無双撃など
使っても気持ちいいスキルが揃っています。
●キャーリュートーシサーン
覚醒アクティブスキルの蒼竜撃が広範囲高威力です。

短所
●対単体
スキルの攻撃範囲は広いものの、対集団向け故に倍率はあまり高くありません。
短クール高倍率のスキルが無いため、残った1匹の敵を処理するのにも時間が掛かる事もあるでしょう。
神撃スキルのラッキーストレートのレベルを上げればある程度は補うことができます。
●鈍い動き
全体的に動きはもっさり気味です。
もちろん速いスキルもありますが、通常攻撃も遅めのため素早い敵は若干苦手です。
●覚醒アクティブ
広範囲高火力ですが、発動が遅く動き回る敵にはなかなか当てづらいのが現実です。

覚醒
覚醒名:竜闘士(Dragon Warrior)
●覚醒ストーリー
古人曰く、「虎穴にいらずんば虎子を得ず」
退魔の道で退魔士達が必然的に直面するのは
この世の全ての煩悩、苦痛、恨みの結晶である「魔」であった。

「退魔」とは即ち、この全ての要素を除き、世の中を浄化せんとすること。
古代の式神は退魔の象徴であり、古くから退魔士達の意地と力の象徴として通してきた。
式神は退魔士の気に従い彼の道具に自らを封印するという、古代文献に載ってある謎めいた伝言は
退魔士達が解明しようと挑戦してきた、長年の課題であった。

そして、黒き聖戦での退魔士「シンヤ」の活躍は、その神話が現実になりえるということを示してくれた。
彼はいつも青い気配を身にまとって、彼の眩しく輝く武器は偽装者達の今日の対象になっていたが、
その姿を見た者達は、彼が史上最初に式神「蒼竜」の力を制御できるようになったのではないか、と推測するばっかりであった。

これから人々は究極の精神と機運を持つ退魔士を竜闘士と呼んで彼らを憧れるようになり、
蒼い気が赤く染まった月を静め、この世を浄化すると言う夢が現実になることを
現在の大衆は、歴史の中のどの時期よりも切実に願っていた。


●装備品
武器
基本はバトルアックス(斧)です。
鎌は特別な理由でもない限り、やめておいた方が無難です。

防具
退魔士は布、重甲、板金と3つのマスタリーを習得していますが、物理退魔の場合は板金です。
それ以外の選択肢はありえません。
重甲と同じに見えますが、実際は力の上昇量が重甲の1.5倍、防御力もこちらの方が高く、重甲が勝っている部分は一つもありません。
重甲マスタリーが残っているのは改変前からやっている物理退魔への救済措置です。
物理退魔向けのセット防具も板金になりました。

●アバター
頭:MPorキャストor精神
帽子:MPorキャストor精神
顔:攻撃速度
胸:攻撃速度
上着:今後は大回転が主流になるか
下着:MAXMPorMAXHP
腰:回避or好みの属性抵抗
靴:力

理想的な能力は以上の通りです。
ただし重要なのは顔、胸、上着、靴であり、その他の部位の能力は
戦闘能力に直結するわけではないため上記の能力以外でも問題ありません。

●スキル振り
こちらを参考にしてください。
スキル振り考察

考察は以上です。

更新履歴
10/11/17 一部説明を変更
09/08/17 ページ公開

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://taimabiyori.blog75.fc2.com/tb.php/332-5fe41c3d
Listed below are links to weblogs that reference
物理退魔考察 from 退魔日和

Home > 退魔士・検証 > 物理退魔考察

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
Friends

この人とブロともになる

QR Code
QRコード

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。